不満の元となる残業を減らすコツとは

特集記事

  • 転職で環境を変える転職で環境を変える長時間残業をしないように改善策を図っても、仕事量が減らない人は転職で環境を変える事を考えても良いのではないでしょうか。
  • ただの自己満足で終わるただの自己満足で終わる効率が上がらない長時間の残業は、自己満足が影響しているようです。
  • 全ての効率が下がる全ての効率が下がる残業は仕事の効率を上げる為のはずなのに、逆に効率を下げてしまう結果にも繋がります。その理由は何処にあるのでしょう。

お役立ちリンク

医療機器職専門の転職支援サービス医療機器転職ナビ
医療機器転職ナビは、医療機器業界に特化した転職サイトで、業界でも指折りの求人数と、転職までの完全サポートが充実しているのが人気の秘密です。残業無しの転職もここでは夢ではありません。
飲食専門の転職支援サービスジョブスタ
飲食店のコンサルタントだからこそ、飲食業界の業界知識が違います。企業との太いパイプがあることによる情報の細やかさと求人数の多さに圧倒されます。このサイトで、天職となる飲食業界の門を開けてみましょう。
建築専門の転職支援サービスアイジス
生涯を通して携われる建築専門の求人サイトです。中途採用にも力を入れていて、採用決定で最大10万円のお祝い金付きの信頼できるサイトでもあります。建築業界の求人で理想の転職をするのは今がチャンスです。

残業を減らすコツとは

長時間残業は、誰しもがやりたくないと思いますが、そこには工夫やコツが必要です。例えば、毎日の業務であっても計画を練って業務に当たる事や残業が無くならない自らの意識や行動を見直す必要もあります。特に共働きの女性では、長時間の残業をするには無理が出ます。仕事と家事を両立するためには、1日の行動計画を立てながら、効率よく仕事をこなして行く事が、不必要な残業を避けていく事に繋がるのではないでしょうか。残業を減らすには創意工夫が欠かせません。

カテゴリ一覧

  • 当サイトについて

    当サイトについて

    共働きで子育て中の私が、長時間残業をしていた主人や、自らの残業を通して感じた事や、残業による悪影響を調べて解決策などをまとめてみました。残業は決して悪であるとは言い切れませんが、長時間の残業は、仕事と家庭を両立させる私にとって好ましくありませんし、長時間残業をしていた主人も気力体力の限界を感じてしまい転職に至った事を機に、今現在、長時間の残業に悩む方やこれから共働きをする女性の参考になればとサイトを立ち上げました。
  • 残業がもたらす悪影響

    残業がもたらす悪影響

    残業がどの様に悪影響を与えるかを色々な角度から見てみました。身体に及ぶ悪影響は自分自身で感じる事もできますが、それが具体的にどの様に悪影響なのか、業務をこなす能力に影響が出ないのかを検証してみました。特に身体的な悪影響は、単純に体を壊すだけでは無く、最悪のケースでは過労死を招きかねないということも認識しなければいけません。残業をこなす事は仕事に意欲的だと思われがちですが、実は危険な事に繋がりかねないという事を書いてみました。
  • なぜ残業が減らないのか

    なぜ残業が減らないのか

    残業を減らすには、まず意識の改革から始める必要があるようです。残業が減らない理由として、100%で仕上げようとする自己満足な残業や、自分にしか出来ない業務と思いこんだり、他の人に自分の業務を振ると仕事がなくなるかもといった脅迫観念を持つ等、その人の考え方に問題がある事もあります。しかし、いずれの感覚で業務をこなしても、残業は減るばかりか増える一方です。その為、残業に至る原因を探すには、まず残業をやめられない自分の感覚がどこにあるか確認する必要性もあるのではないでしょうか。
  • 残業を減らす解決策とは?

    残業を減らす解決策とは?

    長時間の残業を減らす解決策を探すと、色々な方法があるのが見えてきます。そこには一定の決めごとをする、業務を進める為に計画、リスト化する等、工夫を含めた決めごとが大切なのがわかります。しかし、それでも解決策に結び付かない時は、転職して環境を変える事も有りかと思います。いずれにしても、共働きの私としては、工夫を怠らず、自己管理する為の決めごとはとても必要な事だと感じますし、転職して心機一転、残業の少ない職場に行く事も決して逃げている事にはならないと感じます。

おすすめカテゴリ