共働き女性が調べる残業での悪影響

特集記事

  • 転職で環境を変える転職で環境を変える長時間残業をしないように改善策を図っても、仕事量が減らない人は転職で環境を変える事を考えても良いのではないでしょうか。
  • ただの自己満足で終わるただの自己満足で終わる効率が上がらない長時間の残業は、自己満足が影響しているようです。
  • 全ての効率が下がる全ての効率が下がる残業は仕事の効率を上げる為のはずなのに、逆に効率を下げてしまう結果にも繋がります。その理由は何処にあるのでしょう。

残業がもたらす悪影響

残業がもたらす悪影響の記事一覧

  • 全ての効率が下がる15.11.14

    全ての効率が下がる

    続きを読む 長時間の残業がもたらす悪影響は、身体だけに留まりません。残業する事が当たり前になると、日中は突発的な仕事だけに集中してしまい、本来やるべき業務は後回しにしてしまいがちです。その様な仕事を続けて行くと、時間内で業務をこなす能力が低下します。残業の本当の悪影響はそこにあると思います。共働きの女性は仕事と家事の両立を図らなければいけません。残業を簡単に受け入れる事も出来ませんので、業務をこなす能力を失う訳にはいきません。
  • 起床後15時間は飲酒レベル15.11.14

    起床後15時間は飲酒レベル

    続きを読む 長時間勤務が体に及ぼす影響はかなり深刻です。そのひとつに、起床してから15時間以上起きていると、人間の体は飲酒レベルと同等な身体レベルになるという驚きの結果が、科学誌「ネイチャー」で論文発表されています。これでは、業務に集中する力が無くなるばかりか、仕事帰りに事故を起こす可能性も高まります。長時間の勤務がどれだけ悪影響を与えるか、きちんと把握して長時間の残業を避ける解決法を見つけなくてはいけません。
  • 過労死の危険性16.01.06

    過労死の危険性

    続きを読む 最悪の結果とされる過労死は、決して他人事ではありません。厚生労働省が過労死と定める基準は、普段私達があまり意識していない残業時間に危険性があるとされています。更に、過労死と強く関連すると定めている残業時間も、残業の多い会社では当たり前にこなしている時間量です。自分は大丈夫と自分の体を過信して長時間の残業をこなしている人のことを、単純に仕事熱心と片づけてはいけません。危険性を増すばかりと考えたほうが良いでしょう。

おすすめカテゴリ