共働き女性が調べる残業の解決策

特集記事

  • 転職で環境を変える転職で環境を変える長時間残業をしないように改善策を図っても、仕事量が減らない人は転職で環境を変える事を考えても良いのではないでしょうか。
  • ただの自己満足で終わるただの自己満足で終わる効率が上がらない長時間の残業は、自己満足が影響しているようです。
  • 全ての効率が下がる全ての効率が下がる残業は仕事の効率を上げる為のはずなのに、逆に効率を下げてしまう結果にも繋がります。その理由は何処にあるのでしょう。

残業を減らす解決策とは?

残業を減らす解決策とは?の記事一覧

  • 退社時間を決める15.11.20

    退社時間を決める

    続きを読む 終わりなき残業に共通するのは、退社時間を決めない事にあると思います。朝、出勤した際に、今日は○時までに帰ると決めてから業務に携わることで、残業を意識しない仕事が出来ると思います。また、月の内の残業時間をあらかじめ自分で決めておく方法も有効です。月の残業時間を決めて、その残業時間を日で割れば、1日の残業時間が出てきます。それでも、毎日の業務は流動的ですので、臨機応変に時間の割り振りをする事も必要になります。残業をしないようにするには、計画を立てる事が大切ですね。
  • 八割主義にする15.11.20

    八割主義にする

    続きを読む 業務を残業無しでこなすには、タイムスケジュールを作成するのも解決策のひとつです。その際、タイムスケジュールは八割で埋める事が大切です。タイムスケジュールを詰め込み過ぎると突発的な仕事に対応できなくなり、結局残業してしまう結果になってしまいます。余力を持たせたスケジュールで臨機応変に業務をこなす事で残業を減らす事ができます。共働きの女性は特にタイムスケジュールが大切になります。仕事と家事の両立ですので、仕事終了後も家事という業務がありますので、スケジュールがあると両立しやすいのではないでしょうか。
  • 転職で環境を変える15.11.20

    転職で環境を変える

    続きを読む どう解決策を練って実行しても、根本的な人材不足や企業の考え方によっては、転職することで残業の解決策を打つのも仕方ないのではないでしょうか。残業が嫌だからと転職を考えるのは、仕事に意欲的ではないと罪悪感を持つ人もいるかと思いますが、そうではないのが現状です。何故なら、退職理由の第2位に勤務時間への不満が上がっているからです。そこには、たくさんの人が残業に不満を持っている証拠であり、特に共働きの女性ならとても重要な理由になるのではないでしょうか。
  • ToDoリストを見直す16.04.22

    ToDoリストを見直す

    続きを読む 残業解決策にToDoリストを活用する人もいます。しかし、ToDoリストの作成は、タスクをどう実行するか考えて作成しなければ意味がありません。ToDoリストはタスクを達成させる具体案である事を念頭におき、タスクをを達成させるにはどの様な方法があるか考えて作成します。ToDoタスクが達成出来ていないのであれば見直しが必要です。起こりえるリスクを考えたり、詰め込み過ぎた作成をしない等、工夫したToDoタスクが残業を減らす道しるべにもなります。

おすすめカテゴリ