長時間残業の解決策は退社時間にあり

特集記事

  • 転職で環境を変える転職で環境を変える長時間残業をしないように改善策を図っても、仕事量が減らない人は転職で環境を変える事を考えても良いのではないでしょうか。
  • ただの自己満足で終わるただの自己満足で終わる効率が上がらない長時間の残業は、自己満足が影響しているようです。
  • 全ての効率が下がる全ての効率が下がる残業は仕事の効率を上げる為のはずなのに、逆に効率を下げてしまう結果にも繋がります。その理由は何処にあるのでしょう。

2015.11.20

退社時間を決める

退社時間を決める

今日はプライベートの時間でする事が無いからと言って、残業するのはちょっと違います。残業はあくまでも優先しなければならない仕事が残っている時にするものです。暇だからと言ってする残業では、だらだらとこなす原因にもなりがちです。自分で仕事のスケジュールを立てておく事が、無駄な残業を減らす解決策になります。

LINEで送る
Pocket

仕事とプライベートを天秤にかけない

最初に理解して欲しいのは、自分が仕事する環境は自分が思っている以上に残業をしやすい環境にある事です。プライベートな約束がある時は、仕事を時間内に終わらせる努力をしますが、約束が無い日はプライベートを重視しないで残業を優先しがちです。
例えば、帰宅後に今度受ける資格試験の勉強をすると決めた場合、試験前日は早めに帰宅して明日の試験に備えるでしょうが、試験まで日にちがあるとどうも面倒になってしまい、つい仕事を優先させてしまうパターンもあります。この様に、プライベートと残業を天秤にかけてしまうのはいかがなものでしょうか。どちらを優先するかを判断するのは当たり前ですが、それを職場で考える事に注意しなければなりません。職場では、仕事をする事が当たり前の環境ですから、その中でプライベートに時間を取りたいと考えても、つい仕事を優先しがちです。要は、残業を優先してしまう環境を作り出すと、いくらでも仕事優先、残業優先の生活になってしまい、プライベートな時間が無いと溜息をつく結果にもなるのです。

退社時間を自分で決める

仕事とプライベートを天秤にかけないようにする為には、朝の段階で退社時間を決める方法が良いでしょう。帰宅後に用事が無くても、今日は○時には帰ると決めて業務をこなし、就業時間後に残業するかしないかの天秤にかけないようにする事が良いと思います。退社時間に意識を持たないと、最初から残業ありきで仕事をしてしまう結果になりやすいです。大切なのは、タイムマネジメントではないかと思います。

基準を決めておく

とはいえ、毎日退社時間を決めても、なかなかその通りに出来ない事もあります。ですので、更にお勧めなのは、あらかじめ自分の退社時間を決め、それを基準とする方法です。例えば、残業を月20時間で納めるという基準を作ります。月20時間の残業は、日で割り当てると1時間ちょっとです。そうすると、就業時間以降は約1時間の残業しか出来ないのです。それに合わせて朝から業務をこなしていければ、毎日の退社時間はある程度同一になってきます。
しかし、突発的な仕事が入ればそうもいきません。その際は2時間の残業で業務をこなしていき、次の日は残業無しで帰る等、残業の時間配分を行いながら、あらかじめ決めた月20時間の残業を守ると良いです。そうする事で、無駄な残業をしなくても良くなりますし、タイムマネジメントが上手にもなってきます。

おすすめカテゴリ