無駄な残業解消策には上手なToDoリスト作成が必要

特集記事

  • 転職で環境を変える転職で環境を変える長時間残業をしないように改善策を図っても、仕事量が減らない人は転職で環境を変える事を考えても良いのではないでしょうか。
  • ただの自己満足で終わるただの自己満足で終わる効率が上がらない長時間の残業は、自己満足が影響しているようです。
  • 全ての効率が下がる全ての効率が下がる残業は仕事の効率を上げる為のはずなのに、逆に効率を下げてしまう結果にも繋がります。その理由は何処にあるのでしょう。

2016.4.22

ToDoリストを見直す

ToDoリストを見直す

ToDoリストはやるべきことを把握する為のリストです。1日の業務のリスト作成して無駄のない業務を行う事で、長時間残業の解決策に繋がります。ToDoリストを上手に作成しましょう。

LINEで送る
Pocket

ToDoリストの作り方が悪い

ToDoリストの有効性をわかっていても、正しいToDoリストの作り方をわかっていない人がいます。ToDoリストとは、やるべき事を覚えておくカレンダーのようなもので、タスク(目的、計画)に取り組んでいけるよう、背中を押してくれるツールのひとつです。しかし、タスクの実行をきちんと考えていないでToDoリストを作成しても、意味がない事がわかっています。
ある実験で、学生を二つのグループに分けて、一つのグループにはある事柄を達成させるためにToDoリストを作成させ、もう一つのグループにはある事柄を達成させることだけを考えさせました。そして、実際にその事柄に対応させたところ、達成率が高かったのはToDoリストを作成していないグループでした。この研究結果は、ToDoリストを作ると、それだけで満足してしまい、実際に実行方法を考えない場合が多いという事を示しています。頭の中にToDoリストはあるものの、実行方法が分かっていないため、タスクを達成させる事が出来ないのです。

先のことは予測不能

実行計画がちゃんと練られていないToDoリストは、なかなか達成することはできません。大半の人はゴールやタスクを大雑把に決めるだけで、具体的な実行計画を作らない事が多いのです。要は、やみくもに何かをやろうとして時間を使っています。それがToDoリストが達成されにくい原因となります。さらに、日々の業務には、さまざまな邪魔が入ります。ToDoリストを達成できない原因は、予期せぬ業務が入る事です。
例えば、突然の問合せやメール、会議などです。プライベートでも職場でも何かと予期せぬハプニングが起こります。通学バスに乗り遅れた子どもを学校まで送っていく事になった、商談がうまくまとまらない、先輩の話が終わらない、同僚が予算をめちゃくちゃにして対応に追われる、などなど。未来は予測できないものであり、ToDoリストも変化を余儀なくされるのです。

良いToDoリストの作成方法

良いToDoリストを作るには、具体的にすぐ実行が出来る内容を入れる事です。例えば、提案書を作る業務があった場合、時間をかけて具体的なタスクにし、すぐ実行可能にする事が大切です。また、タスクの締め切りを早めに設定する、優先順位をつける事です。今すべきタスクを何個も抱えては、達成させる事は難しくなります。後はタスクの管理をガチガチにしない事です。突発的な仕事に備えて、臨機応変なタスク配置にする事も大切です。

おすすめカテゴリ